佐藤直樹

来歴 profile

1951年  宮城県仙台市生まれ。父親が高校教師だったため、宮城県内を転々とする。

1968年  失恋をきっかけにモノを書き始める。ガリ版で出した最初の作品が「関係論」。一種のビョーキのお話です。

1969年  宮城県立仙台第一高等学校卒業。この年、全国教育学園闘争が吹きあれ、東大で入試中止。

1972年  新潟大学教育学部退学。必修のピアノと水泳ができなくてあえなく挫折。

1978年  新潟大学人文学部法学科卒業。弁護士をめざしたが、司法試験に挫折。就職したくなかったので、大学院進学をめざすも、なかなか受からない。

1981年  新潟大学大学院修士課程終了。修士論文は刑事責任能力の歴史。

1984年  九州大学大学院博士後期課程単位取得退学。

1984年〜1986年  九州大学法学部助手。

1987年〜1992年  福岡県社会保育短期大学助教授。

1991年  英国エジンバラ大学法学部客員研究員。ヨーロッパの風景を生まれて初めてみて、その「静けさ」にガクゼンとする。その後現象学にのめり込む。

1992年~1996年  福岡県立大学人間社会学部助教授。阿部謹也さんの世間論にショーゲキを受ける。

1996年~2008年年  九州工業大学情報工学部教授。

1999年  阿部さんたちと「日本世間学会」設立。初代代表幹事として参画。

2008年~2014年  九州工業大学情報工学研究院教授。

2009年  大学院で世間学としては日本初となる「現代世間学特論」の講義を開始する。

2010年〜2011年  『西日本新聞』で「世間のミカタ」を連載

2012年  『北海道新聞』で「各自核論」を不定期連載中。

2014年  九州工業大学名誉教授

2015年  日本文藝家協会会員

2016年  九州工業大学非常勤講師

 

関連リンク ウィキペディア「佐藤直樹(法学者)」

      日本世間学会

photo
photo